Arduino(24) 各種ガス検出器

ブログランキング・にほんブログ村へ

様々な気体を検知できる検出器です。

9つのガスセンサーをマルチプレクサで切替ながら、Arduino に接続し、センサーから出力される値を読み取りました。

ガスセンサーは、ヒーターが入っているようで、結構大きな電流を必要とします。Arduino からの電鍵供給では不足しますので、スイッチング電源を使っています。

回路図

 

スケッチ

//Mux control pins
int s0 = 2;
int s1 = 3;
int s2 = 4;
int s3 = 5;
//Mux in "SIG" pin
int SIG_pin = 0;

int muxChannel[16][4] = {
  {0, 0, 0, 0}, //channel 0
  {1, 0, 0, 0}, //channel 1
  {0, 1, 0, 0}, //channel 2
  {1, 1, 0, 0}, //channel 3
  {0, 0, 1, 0}, //channel 4
  {1, 0, 1, 0}, //channel 5
  {0, 1, 1, 0}, //channel 6
  {1, 1, 1, 0}, //channel 7
  {0, 0, 0, 1}, //channel 8
  {1, 0, 0, 1}, //channel 9
  {0, 1, 0, 1}, //channel 10
  {1, 1, 0, 1}, //channel 11
  {0, 0, 1, 1}, //channel 12
  {1, 0, 1, 1}, //channel 13
  {0, 1, 1, 1}, //channel 14
  {1, 1, 1, 1} //channel 15
};

void setup() {
  pinMode(s0, OUTPUT);
  pinMode(s1, OUTPUT);
  pinMode(s2, OUTPUT);
  pinMode(s3, OUTPUT);

  digitalWrite(s0, LOW);
  digitalWrite(s1, LOW);
  digitalWrite(s2, LOW);
  digitalWrite(s3, LOW);

  Serial.begin(9600);
}

void loop() {
  int ch_count = 16;
  for (int i = 0; i < ch_count; i ++) {
    Serial.print("Value at channel ");
    Serial.print(i);
    Serial.print("is : ");
    Serial.println(readMux(i));
    delay(1000);
  }
}


int readMux(int channel) {
  int controlPin[] = {s0, s1, s2, s3};
  //loop through the 4 sig
  for (int i = 0; i < 4; i ++) {
    digitalWrite(controlPin[i], muxChannel[channel][i]);
  }
  //read the value at the SIG pin
  int val = analogRead(SIG_pin);
  //return the value
  return val;
}

実行結果

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。