Arduino(21) MQ-135 大気汚染センサー

ブログランキング・にほんブログ村へ

ベンゼン、アルコール、煙を検知するガスセンサーMQ-135をつかってみました。

概要
amazonでガスセンサーのセットを購入しました。

センサーが9つも入っていて、この値段なのでとてもお買い得です。(センサーの性能はわかりませんが・・・)

回路図

スケッチ

[C]
#include

LiquidCrystal_I2C lcd(0x27, 16, 2); // LCDのアドレス 0x27 LCD 16×2

void setup() {
lcd.init();
lcd.backlight();
lcd.setCursor(0, 0);
lcd.print("MQ-135 (0-1023)");

}

void loop() {
int input_value = analogRead(0);
lcd.setCursor(0, 1);
lcd.print("DATA ");
lcd.print(input_value);

delay(100);
}
[/C]

結果

データの値の意味はよくわからないのですが、測定されたガス濃度の増加に伴って、出力電圧が上昇するそうです。センサーはかなり熱くなります。予熱されているためだと思いますが、かなり電流が流れているようです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。