Arduino(19) Arduino Uno が壊れた!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

愛用してるArduino UNO のボードが壊れました。USB接続していた Windows 11 のパソコンから、Arduino が認識されなくなってしまいました。当然ですが、スケッチが書き込めません。なんとか復旧できたのですが、そのときの備忘録です。

原因

後でわかったことなのですが、熱電対センサーをつないだモジュールに、VCCとGNDを逆につないでいたようで、大きな電流が流れたのでしょうか、Arduinoに搭載されているAtmel(アトメル)の「ATmega16U2」のデータがに異常(消えた、または壊れた)が起こった物と考えられます。このATmega16U2はUSBコントロール(USBシリアル変換)していますので、これが正しく動作しないとArduinoはパソコンで認識されなくなります。

対応

以下のサイトにお世話になりました。詳しく記載していただいているのでとても助かりました。「FLIPツール」を使用して、ATmega16U2にUSBシリアルのファームウェアを書き込みました。

私の場合は、ジャンパーピンを取り付けてからUSBを接続し、ジャンパーピンを抜くと、ATmega16U2 DFU という風に認識されるとありますが、「不明なデバイス」として認識されました。

そのため、プチモンテさんのサイトの「5. ドライバのインストール」を先に行いました。その後、FLIPの実行してATmega16U2にUSBシリアルのファームウェアを書き込みました。

Arduinoの復活

おかげさまでArduino Uno は復活しました。めでたし めでたし

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。