金星 東方最大離角

夕方から宵に南西の低空に輝く「宵の明星」の金星が、10月30日に太陽から最も離れて東方最大離角となります。

国立天文台 webページより

 

今シーズンの金星は5月ごろから年内いっぱいくらいまで夕空に見えていますが、今の季節の日本(北半球の中緯度地域)では、日の入り1時間後の高度が20度未満と低く、やや見つけにくいシーズンとなる。とはいえマイナス4等級と非常に明るいので、建物などが遮らなければ簡単に見つけることができます。天気が良ければ、夕焼けと共に観察できるベストな時期です。

2021/10/27 17:30 撮影

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へにほんブログ村 バイクブログ バイクライフへにほんブログ村 科学ブログ 科学ライフへブログランキング・にほんブログ村へクリックお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。