マイクロソフト サーフェス Laptop4 続き

ブログランキング・にほんブログ村へ

買い替えたノートパソコンのマイクロソフトのサーフェスについてのレポートの続編です。

Contents(目次)

CPU

まず、これまで、IntelのCPUしか使ったことがなかった(正確にいうと一度違うメーカーのCPUを搭載したパソコンを使ったことがあります)のですが、RyzenというCPUを選択しました。Ryzenは、インテル社と並び、世界的なCPUメーカー「AMD社」が作る高性能なマイクロプロセッサーブランドの名称です。パソコンの頭脳であるCPUでは処理しきれない事が3Dグラフィックスです。その処理を担うのが画像表示用の計算を専門に行うGPUという処理装置で、CPUとGPUを組み合わせたAPUと呼ばれる装置がRyzenです。
私は、3Dのゲームをほとんどしないので、宝の持ち腐れなのですが、今回は、思い切ってRyzenのCPUを選択してみました。Ryzen 7 5800X BOX の製品画像

SSD

購入したサーフェスにはハードディスクがついていません。ハードディスクの代わりをSSDという内部ストレージ(記憶装置)が装備されています。ハードディスクに比べて転送速度が速く、耐衝撃性に優れ、動作音がないのが特徴です。HDDより容量当たりの単価は高いものの、この頃のノートパソコンの主流になっているようです。

LCD

とにかく美しい画面です。おまけに、タッチパネルです。

 

全体的に

とにかくおしゃれなノートパソコンです。スマートに盛って運べるのも魅力です。

強いて使い勝手の悪いところをあげると

  • USBのインターフェイスが少ない。
  • CD or DVD のドライブがついていない。
  • ACアダプターが、小さいのだと思うが、まだ、大きくて、持ち運びが不便。

といったところでしょうか。概ね気に入って使っています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。